CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< <成長に陰りが見え始めた有料検索ビジネス> | main | <スパイウェアの被害、急速に拡大> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<経営者の情報源としてインターネットは新聞に次いで重要視される存在に>
フォーバルの調査によれば、小規模事業経営者の多くはインターネットを情報源とし
て重要視していながら、
実際には上手く活用できていないようだ。

 フォーバルは7月8日、小規模事業経営者を対象にしたアンケート「小規模事業者と
情報」の調査結果を発表した。

 同調査では幅広い質問を実施しているが、ここでは、とくにインターネットやITに
関連した調査項目とその回答をピックアップしてみよう。なお、調査は3月1日〜4月1
日の期間、同社コンサルタントが顧客先を回り、経営者から直接聞き取り形式で行っ
た。有効サンプル数は476件。

 「あなたが重要視している『情報源』は何ですか」という質問(複数回答可)で
は、1位が「新聞」(59.7%)で、「インターネット」(39.1%)、「テレビ」
(38.7%)、「同業者」(32.8%)、「取引先」(28.2%)が続いた。また、「雑
誌」(19.1%)や「書籍」(9.0%)、「ラジオ」(6.3%)などは位置づけが低かっ
た。

 インターネットは、欲しい時に欲しい情報を得られる双方向性やタイムリー性が支
持され、テレビを上回るなど、調査の事前に予想された以上に「情報源」として認知
されていることがわかった。とくに年代別では、30代層でインターネットが新聞より
も重要視されている傾向が見られたという。

 「あなたは経営に活用するために、インターネットでの情報収集はどの程度してい
ますか」という質問においては、全体で「よく利用する」と回答したのは23.1%、
「ときどき利用する」が27.7%と、両回答者を足してかろうじて半数を超える程度
だった。年代別では、年齢層が高くなるにつれ、「全く利用しない」人が増える傾向
にある。このことから、情報ツールとしてインターネットの重要性が認められながら
も、十分に使いこなせていない実態が確認されたと、同社は考察している。

 このほか、「ITの発展は、あなたの情報収集にどのように影響がありましたか」と
いう質問では、34.7%の人が、「情報収集が簡単に行えるようになり、便利になっ
た」と答えており、「情報収集の方法に選択の幅が広がり、便利になった」という回
答も29.8%と目立った。
| - | 21:19 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |
コメント
sdasad
dfs
sdffdsds
| asd | 2006/03/26 6:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://webspider.jugem.cc/trackback/21
トラックバック